アカデミック向けシステム・ダイナミックス上級コース2018 / Advanced Academic System Dynamics Course 2018
共催 システム・ダイナミックス学会日本支部/ Cosponsored by the Japan Chapter of the System Dynamics Society

開催日時

7月28日(土曜日) 10:00 - 17:00.   7号館773教室. 
7月29日(日曜日) 10:00 - 17:00.   7号館771・773教室.
July 28 (Sat). 10:00 - 17:00. Building No. 7, Room No. 773
July 29 (Sun). 10:00 - 17:00. Building No. 7, Room No.771・773

開催場所

東京都千代田区神田神保町3-8 専修大学神田キャンパス
Kanda Jinbo-Cho, 3-8, Chiyoda-Ku, Tokyo. Senshu University, Kanda Campus
https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

アクセス

電車でのアクセス
・水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分(法科大学院へは徒歩1分)
https://www.senshu-u.ac.jp/access.html

主催

講師:マーティン・クンク・ホラシオ. Martin Kunc Horacio.
英国ワーウィックビジネススクール、オペレーションリサーチ&マーケティングサイエンス研究科 准教授.
システム・ダイナミックス学会英国支部よりGeoff Coyle 賞受賞(2015)
日本学術振興会平成30年度外国人招へい研究者(長期)、長野大学客員研究員

Martin Kunc,
Associate Professor, Operations Research and Management Science, Warwick Business School
2018 JSPS International Research Fellow

https://www.wbs.ac.uk/about/person/martin-kunc

1日目のテーマ:SDに焦点を当てた原稿出版のための基本ステップ
 ① 専門誌(ジャーナル)向け学術論文出版のための基本ステップ
 ② 出版物に関するシステム・ダイナミックス(SD)の簡潔な歴史紹介
 ③ 現代的な学術の潮流およびSDの潮流

2日目のテーマ:SD研究者のための研究領域の発展
 ① SDと最適化の利用のための方法論的側面
 ② ハイブリッドモデルにおけるSDの利用のための方法論的側面
 ③ 行動科学および保健医療分野におけるSDの利用についての簡潔な議論

DAY 1:PRINCIPAL TOPICS OF STUDY
 Basic Steps for publishing the manuscript featuring SD
 1) basic steps of  publishing the manuscript in the academic journal
 2) brief history of SD in terms of publications
 3) modern academic trends and SD trend

DAY 2: PRINCIPAL TOPICS OF STUDY
 Methodological aspects of using Optimisation and System Dynamics.
 Methodological aspects of using System Dynamics in hybrid models.
 A brief discussion of System Dynamics use in behavioural research and healthcare.

EXPECTED TIME SCHEDULE FOR BOTH DAYS
10 AM – Start first part
11 AM – Finish first part
15 minutes break
11:15 AM – Start second part
12:15 PM – Finish second part
Lunch time
13:15 PM – Start second part
14:15 PM – Finish second part
15 minutes break
14:30 PM – Start third part
15:30 PM – Finish third part
15 minutes break
15:45 PM – Start discussion and conclusions of the day
16:45 PM – Closure

 

1日目のテーマ:SDに焦点を当てた原稿出版のための基本ステップ
 参加者は作成中/投稿予定の原稿を持参することが望ましい。本文は日本語でもよいが、概要は英語記述を用意すること。投稿候補誌名を2,3誌位挙げておく。
参加登録者には関連資料配置場所(Dropboxフォルダ)を事前に通知します。

休憩時間は1時間おきに15分です。昼食時の休憩時間は1時間です。

2日目のテーマ:SD研究者のための研究領域の発展
参加登録者には関連資料配置場所(Dropboxフォルダ)を事前に通知します。
休憩時間は1時間おきに15分です。昼食時の休憩時間は1時間です。

登録フォーム

下記のフォームにご記入の上、画面に従ってご登録いただくことで、お申し込みいただけます。

は、必須項目となります。

your full name

you full name (KATAKANA)

your full name (ROMAJI)

職業

please type same mail address again. don't copy and paste.