有痛性外脛骨に対するTRIGGERアプローチ(6/25開催)

締め切り 2018年6月17日 23時59分00秒 まで
開催概要

平成30年6月25日(月) 

  • 受付開始 12:30

  • セミナー 13:00 〜 18:00(途中休憩含む)

  

【講師】

半田 学(はんだ まなぶ)

  • PT(理学療法士)
  • TRIGGER(筋膜調整サロン)代表
  • 株式会社TRIGGER 代表取締役

詳しいプロフィールはこちら

 

【定員】6名(先着順)  *最小催行人数:2名

 

【受講資格】

 保有資格は問いませんが,下記の条件に当てはまる方を対象と致します。

  • 実際に「有痛性外脛骨」の症状に悩むクラアントをみることの多いセラピスト,運動・体操指導者など
  • 指導させていただく技術を困っている方に還元できる環境がある
  • どんなものかを知りたいだけの冷やかしではない
  • 意欲がある

 

【お申込期限】

6月17日(日)まで(定員に達し次第終了)

 

【受講料】54,000円(税込)

  • お申込後,お振込のご案内が自動返信メールにてすぐに届きます。
  • お申込後1週間以内にお振込くださいませ。
  • お振込後のキャンセルにおきましては,ご返金は出来ませんので予めご了承くださいませ。
  • キャンセルの際,代替受講は可能です。
  • キャンセルされる場合,および自動返信メールが届かない場合にはお手数ですが「info@trigger-physio.com」までその旨ご連絡ください。

 

【会場】株式会社TRIGGER / Private Physio Salon TRIGGER

東京都港区赤坂7-6-9 赤坂ONビル201号室

http://trigger-physio.com/access/

  

 【お申込み方法】最下部にございますお申込みフォームにご記入ください。

主催

株式会社TRIGGER

東京都港区赤坂7-6-9 赤坂ONビル201

03-5545-5859

ホームページ:http://trigger-physio.com

 

【セミナーでお伝えする主な内容】

  • 有痛性外脛骨を改善するために必要な「筋膜の基礎知識」
  • 「すぐによくできる外脛骨」と「長い介入が予測される外脛骨」の違いとは?
  • 有痛性外脛骨を改善するためには外せない,「2つ」の筋膜ゆがみパターン
  • 体幹にも介入すべき有痛性外脛骨とは?
  • 内臓の不調と有痛性外脛骨との関係とは?
  • TRIGGERアプローチ(評価と施術)
  • 疼痛誘発テスト
  • 指導しないほうがいいセルフエクササイズとは?
  • その他(次回以降のTRIGGER SCHOOLの紹介などを予定) 

 

 

 

【有痛性外脛骨に対するTRIGGERアプローチ:4つの特徴】

  • マッサージが主体の方法でとても簡単
  • セルフケアを指導しやすい
  • 施術の専門家でなくても結果が出せるようになる
  • すねの痛みや腰痛など,違う場所への効果も期待できる

 

 

 

有痛性外脛骨の痛みには,積極的に筋膜に加入することで改善が見込めます。

是非,いますぐお申し込み下さい!

みなさまにお会いできることを楽しみにしております!

 

 

TRIGGER代表 半田 学

キャンセルポリシー


 

【キャンセル料】

お振込後のキャンセルにおかれましては,いかなる理由においてもご返金出来ません。ご了承ください。 

 

 

【開催中止について】

弊社都合により講座を中止する場合は、講師の急病などやむを得ない場合を除き、

原則として事前にメールまたは電話でご連絡いたします。

受講料は全額返金いたします。

なお、弊社からセミナー日時の変更または中止のご連絡を行わない限り、

降雪などの事由によりキャンセルをされる場合においてもお客さま都合でのキャンセルとなり、

キャンセル料の対象となります。あらかじめご了承ください。

 


 

 

 

登録フォーム

下記のフォームにご記入の上、画面に従ってご登録いただくことで、お申し込みいただけます。

は、必須項目となります。

your full name

you full name (KATAKANA)

please type same mail address again. don't copy and paste.