第17回医療機器フォーラム
生体由来材料を利用した組織再建技術の最前線

開催日時

2019年 11月11日(月)

12:50〜17:00(12時開場)

開催場所

早稲田大学小野記念講堂

早稲田大学 27号館 地下2階

アクセス

地図はこちらです。→https://goo.gl/maps/D1geQf2Pm4n

JR/西武線 (高田馬場駅 徒歩 20 分)

地下鉄/都電/都バス (早稲田駅 徒歩 5 分)

主催

医療機器フォーラム

共催

日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会

早稲田大学医療レギュラトリーサイエンス研究所

 

詳細

【内  容】生体由来材料は、乾燥豚皮、コラーゲン、ゼラチン等、既に医療機器の材料として用いられてきた。一方、ヒト又はウシ、ブタ等の異種動物の組織を脱細胞化、凍結乾燥等の手法により加工した材料は、既存品と比較してより優れた創傷治癒促進効果又は組織再構築等の性能を有するため、革新的医療機器の基盤材料として期待されており、製品化を目指した開発研究が活発に進められている。また、既存の生体由来材料を従来と異なる形で加工し、組織の修復・機能回復効果等の新規機能を付与した医療機器の開発も行われている。

 このような背景を考慮して、第17回医療機器フォーラムでは、脱細胞化組織の医療応用や、iPS細胞を用いた骨組織再生技術等、新たな生体由来材料を利用した医療機器の研究開発の最新動向に関する情報を提供すると共に、先駆け審査指定を受けた製品を取り上げ、これらの医療機器に対する規制の考え方を紹介する。また、パネルディスカッションを通して、新たな生体由来材料を利用した医療機器を巡る現状と課題を産官学関係者で共有し、製品開発の更なる発展へと繋げたい。

【定  員】150名(先着順。定員になり次第締切。)

【申込締切】2019年11月5日(火)(以降は定員に余裕がある場合のみ当日受付をいたします。)

【申込方法】下記フォームにて受付を行います。フォーム受付後に参加登録票が発行されます。当日ご持参ください。

【参加費】当日払い。一般(5,000円)、官学(3,000円)、学生及び早稲田大学教職員(無料。当日受付にて学生証または早稲田大学教職員証をご提示ください。)

【問合わせ先】医療機器フォーラム事務局  iryokiki@nihs.go.jp

登録フォーム

下記のフォームにご記入の上、画面に従ってご登録いただくことで、お申し込みいただけます。

は、必須項目となります。

your full name

you full name (KATAKANA)

please type same mail address again. don't copy and paste.

参加区分(参加費)